40代まで広がる大人ニキビの原因と対処法

ニキビと言えば第二次性徴が始まる頃にできるもの、青春のシンボルと言われたのはもう昔のことのようです。

 

ニキビ外来に通う患者数は、10代の思春期ニキビの患者さんより20代以降の大人ニキビの患者さんの数が多いというクリニックもあり、今や大人ニキビは40代までの広がる皮膚疾患になりました。

 

思春期ニキビは一度は経験したことのある人が多い皮膚疾患でニキビの正確な病名は、尋常性ざ創(アクネ ブルガリス)です。
第二次性徴に伴い、性ホルモン、特に男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌が盛んになることが原因で、男性は睾丸から女性は副腎皮質から男性ホルモンが分泌されます。女性よりも男性の方が男性ホルモンの影響が大きくなるため、思春期ニキビは男性に多く見られます。

 

男性ホルモンは皮脂の分泌を盛んにし、毛穴からから大量の皮脂が分泌されると排出され切れずに毛穴に詰まってしまい、皮脂を好むアクネ菌が増殖しそれを抑えるために白血球が集まって炎症を起こすのがニキビです。

 

ところが、最近増えている大人ニキビは男性ホルモンだけの影響では説明しきれない点が多く、まだ医学的には解明されていませんが、女性ホルモンのプロゲステロンやエストロゲン等のバランスが崩れることが原因の一つではないかと言われています。

 

大人ニキビが月経前にできやすいことからも、この女性ホルモンとの関係は指摘されているのです。

 

ただ、大人ニキビは思春期ニキビと比べて、原因も明確でない上に複数の原因が推測されています。

 

例えば、
・女性ホルモンのバランスの崩れ
・皮膚の機能低下
・皮膚の常在菌のバランスの乱れ
・生活習慣や生活環境の乱れ

 

これらの予測される原因は、どれも納得できるような絶対的な原因にならないこともあるような…ちょっと微妙な内容でもあります。必ずしも自分の大人ニキビの原因には当てはまらない場合もあるかもしれないので、どれか一つでも関連性があると思ったら、その点を見直すようにすることで予防することしかできません。

 

大人ニキビを気にする女性

 

大人ニキビの原因

大人ニキビの原因として考えられるものを詳しく見ていきましょう。

 

女性ホルモンの乱れ

思春期ニキビでは男性ホルモンが皮脂を多く分泌させることで起こりやすいいので、男性ホルモンの分泌がそれほど多くない女性は、男性よりもニキビができにくい傾向があります。

 

が、20代以降の大人ニキビは、いくつかある女性ホルモンのバランスが乱れることが原因として考えられ、例えば毎月の月経前にニキビができやすくなる等の様子からも、女性ホルモン原因説は大人ニキビの大きな要因です。。

 

よって、思春期ニキビとは逆に、大人ニキビは男性よりも女性の方が多くできる傾向にあります。が、それだけが原因でできるわけではなく、おそらく他の異なる複数の原因も関与されていると考えられています。

 

皮膚の機能低下

思春期ニキビは、皮脂の大量分泌が原因なので、毛穴に皮脂が詰まった状態、そしてニキビができやすい脂性肌になっているのですが、大人ニキビは脂性肌だけでなく乾燥肌でもできます。

 

肌が乾燥している乾燥肌とは、皮膚の保湿力が低下している状態。保湿されている肌は肌表面に皮脂膜が正常に保たれることで、肌内部に紫外線、雑菌や外気の有害物質、外気の乾燥や寒暖の差の悪影響を受けにくくするバリア機能が働いています。

 

しかし、乾燥肌は肌の保湿力が低下し潤いを保つことができない状態なので、肌の表面は皮脂があるとは言えず、当然皮脂膜も少ないかほぼない状態なので、肌のバリア機能は低下し外的ダメージの影響を受けやすくなっています。

 

そんな皮脂が少ない乾燥肌でも大人ニキビができるとはどういうことなのでしょうか?

 

乾燥肌にはいくつかの原因が考えられます。

 

20代、30代前半くらいまでは、洗浄力の強い洗顔やクレンジングの使用や間違った使い方によって、必要以上に皮脂が取り除かれるため肌が乾燥してしまうことがあります。

 

また現代はまだ正しいメイクの仕方や肌のケアの知識が十分ない10代からメイクをする人が増えてきているので、本来なら若く美しい健康的な肌が、メイクの油汚れやその後の洗顔、クレンジングによって阻害されていることも少なくありません。

 

肌は乾燥するとバリア機能を果たすためにより多くの皮脂を出そうとします。それが皮脂の大量分泌になってTゾーンに大人ニキビが増える一因にもなるので、この点でも乾燥肌は大人ニキビの要因になってしまうのです。

 

このようにメイクやスキンケアの正しい知識を得ることによって防げる、乾燥肌が原因でできる大人ニキビは、それらを見直すことですぐに改善できます。

 

 

が、エイジング=老化が原因の乾燥肌はちょっと問題が大きくなります。
メイクやスキンケアを正しくすることで、年齢以上に肌が老化している場合は、若い人と同じように改善できますが、肌の組織や成分が老化していれば、専用の化粧品を使っても改善は難しい場合もあり、そうなると美容皮膚科やエステの施術を考える必要があります。

 

 

いずれにしても、肌の乾燥を防ぐことで大人ニキビが改善される可能性は高いのは確かです。

 

生活習慣、生活環境

大人ニキビでクリニックに通っている人のニキビができやすくなる原因は以下のようなものが挙げられます。

 

・睡眠不足になるとニキビができやすい。
・食べ過ぎ、飲み過ぎ、タバコを吸い過ぎたときにニキビができやすい。
・化粧している時間が長くなった時にニキビができやすい。
・脂っこい食べ物、刺激の強い食べ物を食べるとニキビができやすい。
・便秘がちな時、ニキビができやすい。

 

これらはどれもニキビに限らず、健康的にも良くない条件のようです。
若い頃にはなんともなかったのに、胃腸機能の低下も関係していると思われます。
実際、胃腸の病気が原因で大人ニキビができることもあるので、胃腸と大人ニキビは密接な関係があると考えられます。

 

飲み過ぎも大人ニキビの原因

 

その他の要因

その他に、考えられる大人ニキビの原因は以下のようなものがあります。

 

・乾燥肌を起す冷暖房
・PCやテレビ、携帯電話等の電磁波
・ストレス
・内臓疾患

 

身体や皮膚の健康状態が悪くなるとニキビは発生しやすくなります。
大人ニキビの原因は、単に皮脂が少ないとか乾燥肌というだけでなく、身体全体の健康状態が大人ニキビになって現れると言えます。

 

大人ニキビができないような生活習慣、生活環境は健康にとっても大事だと言えそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

10代のニキビと大人ニキビの原因
思春期ニキビと大人ニキビ対処と予防
思春期ニキビと大人ニキビは原因も症状も異なります。それぞれにあった対処法をすることでニキビ跡を作らずに治しましょう。またそれぞれの予防法も知るとニキビができにくくできます。